少女趣味こーなあ 長屋版

少女趣味コーナー あなたの哀しみの傍らで@

 人間は陽気ぐらしをするためにこの世界に生まれてきました。

どのように厳しい節も、諭達第3号でお聞かせいただくように、「時として、親神様は子供の行く末を案じる上から、様々なふしを以て心の入れ替えを促される。しかし、

とのような事をするのも月日にわ  

たすけたいとの一ちよはかりで(十二 78

と、全ては、ひたすら一れつ人間をたすけてやりたいとの親心からであると仰せられます。

あらゆる災厄や難渋は胸の掃除を求められる親心の表れである。」

しかしながら、どうしてもそう思えない哀しい時があります。

大事な人の死に出会った時です。

大切な人を亡くした時、人は全てに絶望します。

節の中に込められた親心など探そうとさえ思えません。

 

茨木のり子さんは、次のように書きました。

○古歌  茨木のり子

古い友人は

繃帯でも巻くように

ひっそりと言う

「大昔から人間はみんなこうしてきたんですよ」

 

素直に頷く

諦められないことどもを

みんななんとか受け止めて

受け入れてきたわけなのですね

 

今ほど古歌のなつかしく

身に沁み透るときはない

読みびとしらずの挽歌さえ

雪どけ水のようにほぐれきて

 

清冽の流れに根をひたす

わたしは岸辺の一本の芹

わたしの貧しく小さな詩篇も

いつか誰かの哀しみを少しは濯(あら)うこともあるだろうか

 

大昔から人々はその悲しみを何とか受け入れてきたのです。お葬式の時に読む誅詞(しのびことば)の中には、「かくてあるべくもあらねば」とか、「黙しても得あらねば」などとどうしようもない哀しみの言葉が綴られます。

 そんなあなたの哀しみを少しでも濯(あら)うことができるように、何篇かの詩やエッセイを集め、こんな小冊子を編んでみました。


一、両親や友人の死

 

○悲しみ   石垣りん

私は六十五歳です。

この間転んで

右の手首を骨折しました。

なおっても元のようにならないと病院で言われ

腕をさすって泣きました。

お父さんお母さんごめんなさい。

 

二人とも、とっくに死んでいませんが

二人にもらった身体です。

今も私は子供です。

おばあさんではありません

 

○あなたはそこに       谷川 俊太郎

あなたはそこにいた 退屈そうに

右手に煙草 左手に白ワインのグラス

部屋には三百人もの人がいたというのに

地球には五十億もの人がいるというのに

そこにあなたがいた ただひとり

その日 その瞬間 私の目の前に

 

あなたの名前を知り あなたの仕事を知り

やがてふろふき大根が好きなことを知り

二次方程式が解けないことを知り

私はあなたに恋をし あなたはそれを笑いとばし

いっしょにカラオケを歌いにいき

そうして私たちは友だちになった

 

あなたは私に愚痴をこぼしてくれた

わたしの自慢話を聞いてくれた 日々はすぎ

あなたはわたしの娘の誕生日にオルゴールを送ってくれ

わたしはあなたの夫のキープしたウィスキーを飲み

私の妻はいつもあなたにやきもちをやき

私たちはともだちだった

 

ほんとうに出会ったものにわかれはこない

あなたはまだそこにいる

目をみはり私をみつめ くりかえし私に語りかける

あなたとの思い出が私を生かす

早すぎたあなたの死すら私を生かす

はじめてあなたを見た日から

こんなに時が過ぎた今も



少女趣味コーナー
あなたの哀しみの傍らでA

 

 人間は陽気ぐらしをするためにこの世界に生まれてきました。そしてどのように厳しい節も、全ては、ひたすら一れつ人間をたすけてやりたいとの親心からであると仰せられます。しかしながら、どうしてもそう思えない哀しい時があります。

大事な人の死に出会った時です。

大切な人を亡くした時、人は全てに絶望します。

節の中に込められた親心など探そうとさえ思えません。

歳月は、人の悲しみをそれでも随分和らげてくれます。でもそうはならない別れもあります。

 

大学生の息子を亡くした父は、十年をすぎてもなおうずく心の傷をこんなふうに語っている。

「心の傷が癒されたようにも思いますが、完全になおったとは言えません。忘れてしまえばなおるのでしょうが、忘れたくないのですから、なおりはしません」

 

○配偶者の死は、その存在がかたわらからなくなることに加え、これまで自分が最もつらく悲しい時無条件に受け止めていてくれた胸を失うという二重の悲しみを背負うことになる。(若林一美)

 

どんなに別れたくない夫婦でも、同じ時に死ぬことはできません。永田和宏と、河野裕子という歌人夫妻は、その時次のように歌いました。

 

一日が過ぎれば一日減ってゆく君との時間 

もうすぐ夏至だ  永田和宏

○手をのべてあなたとあなたに触れたきに

息が足りないこの世の息が  河野裕

 

妻が身近な人が亡くなる年は、梅酒がうまく出来ないという話をよく言っていました。そういえば父が出直した年の梅酒は、確かに失敗していました。ですから私は梅酒に思い入れがあります。

 

○梅酒  茨木のり子

梅酒を漬けるとき

いつも光太郎の詩をおもいだした

智恵子が漬けた梅酒を

ひとり残った光太郎がしみじみと味わう詩

そんなことになったらどうしよう

あなたがそんなことになったら……

ふとよぎる想念をあわててふりはらいつつ

毎年漬けてきた青い梅

 

後に残るあなたのことばかり案じてきた私が

先に行くとばかり思ってきた私が

ぽつんと一人残されてしまい

梅酒はもう見るのも厭で

台所の隅にほったらかし

梅酒は深沈(しんちん)と醸(かも)されてとろりと凝(こご)った琥珀(こはく)いろ

 

八月二十八日

今日はあなたの誕生日

ゲーテと同じなんだと威張っていた日

おもいたって今宵はじめて口に含む

一九七四年製の古い梅酒

十年間の哀しみの濃さ

グラスにふれて氷片のみがチリンと鳴る

 

その高村光太郎の詩です。高村光太郎は、智恵子がつけた梅酒を、次のようにうたいました。

 

 

○梅酒  高村光太郎
死んだ智恵子が造つておいた瓶の梅酒は
十年の重みにどんより澱(よど)んで光を葆(つつ)み、

いま琥珀(こはく)の杯に凝つて玉のやうだ。
ひとりで早春の夜ふけの寒いとき、
これをあがつてくださいと、
おのれの死後に遺していつた人を思ふ。
おのれのあたまの壊れる不安に脅かされ、
もうぢき駄目になると思ふ悲に
智恵子は身のまはりの始末をした。
七年の狂気は死んで終つた。
(くりや)に見つけたこの梅酒の芳(かを)りある甘さを
わたしはしづかにしづかに味はふ。

狂瀾怒濤(きょうらんどとう)の世界の叫も
この一瞬を犯しがたい。
あはれな一個の生命を正視する時、
世界はただこれを遠巻にする。
夜風も絶えた。